トレンドグラフ

コンテックのACX-PACのトレンドグラフ。メーカーではWindows 10では未検証とのことだったが、Windows 10 (32bit)で、動きました。

XPから10へのマイグレーション(移設)は大変です・・。

一つずつ、動作検証中。

カテゴリー: 未分類 | トレンドグラフ はコメントを受け付けていません。

半二重通信の動作をチェック

コンテック製のRS-485ボードの動作チェックの結果。(DPMとの半二重通信)

Windows 10 (32bit) + Visual Studio 2019

デバイスマネージャからプロパティ - 詳細で半二重にチェックしておき、下記のコードで初期設定。

SerialPort1.BaudRate = 9600
SerialPort1.DataBits = 7
SerialPort1.StopBits = StopBits.Two
SerialPort1.Parity = Parity.Even

SerialPort1.RtsEnable = False
SerialPort1.DtrEnable = True

SerialPort1.ParityReplace = 63
SerialPort1.DiscardNull = True

SerialPort1.ReceivedBytesThreshold = 1
SerialPort1.ReadBufferSize = 8192
SerialPort1.WriteBufferSize = 8192

設定後は送受信のみで自動的に切り替わります。RTSをTRUEにするとNGです。

構造体の定義やAPIとのやり取りは必要ありませんでした。

カテゴリー: 未分類 | 半二重通信の動作をチェック はコメントを受け付けていません。

今日のラドン

更に上がって、11時半現在 60。

カテゴリー: 未分類 | 今日のラドン はコメントを受け付けていません。

ラドン急上昇

3日  36

4日  42

5日 56

 

 

カテゴリー: 未分類 | ラドン急上昇 はコメントを受け付けていません。

お金を拾いました・・の続き

以前、お札を2枚拾ったことを書きました。最寄りの警察に出向いたところ、落とし主は現れなかったということで6千円を引き取り。

どこへ寄付しようかと迷いましたが、自分の財布から同額を足して「れいわ新選組」へ寄付(政治献金)することにしました。

実は今年夏の選挙前にも寄付したんですよ・・。

山本太郎くんの頑張りに少しでも役に立てればと。

本当か?と思う方は、総務省の公開する政治資金収支報告書を見ればわかります。ちなみに昨年分はもうじき公開になるはず。

どの政党、どの議員に誰が寄付したかが分かるので、なかなか面白い。

この会社、こんな奴に寄付してるのか・・なんてね。

総務省の他、こちらでも。↓

https://www.openpolitics.or.jp/

 

カテゴリー: 未分類 | お金を拾いました・・の続き はコメントを受け付けていません。

ラドン、下がりました

50まで上がったラドンは、昨日の時点で34前後まで下がりました。

22日の茨城南部(M4.5)あるいは26日の埼玉県北部(M3.2)の震源が該当するのではないかと思います。

カテゴリー: 未分類 | ラドン、下がりました はコメントを受け付けていません。

ラドンは高いまま・・

今日は48で、ほぼ変わらず。

カテゴリー: 未分類 | ラドンは高いまま・・ はコメントを受け付けていません。

今朝のラドン

今朝は50です。??

5日前の2倍・・。

カテゴリー: 未分類 | 今朝のラドン はコメントを受け付けていません。

ラドン上昇

ラドンの値が急に上がりました。

15日 29

16日 37

17日 42

気温が下がってきたことが原因であれば気にしなくて良いですがね・・。

 

カテゴリー: 未分類 | ラドン上昇 はコメントを受け付けていません。

RS-485のトランシーバ

先日、本ブログで紹介したRS-485のマイコンボードをいろいろな状況を作って検討していたところ、1つ不具合がありました。

ある条件においてマイコンのRXD端子がLow(トランシーバの出力がLow)になってしまうため、ソフトが受信と勘違いしていました。さて?と思ってデータシートを見直すと合点がいったので、トランシーバICをMAX1487からMAX13485に交換。(ピン配置等は全く同じなので容易に置き換え可能です。)

再度検証したところ問題は無く、無事解決しました。

あとは距離を伸ばしても通信に支障が無いかを確認できれば検証を完了できる予定ですが、通信線の長さを何mまで確認しておくかで悩んでいます。規格上で1,000mは問題なくいけるはずですが、実機でそこまでの長距離を確認しておくべきかどうかです・・。

カテゴリー: 未分類 | RS-485のトランシーバ はコメントを受け付けていません。