VDSLから光ファイバーケーブルに

今までVDSLでのネット接続でしたが、光ファイバーケーブルの引き込みが可能になったので早速申し込み、工事が完了しました。光ファイバーケーブルの引き込みにあたって、固定電話とIP電話を分けるという使い方にしたのですが、NTTからは今までのIP電話機能付きのルーターをそのまま使えと。でも、このWEB CASTER V110って仕様上100Mまでですね。ですのでギガ対応のバッファローのルーターを購入。宅内に2台あるスイッチングハブもギガ対応に買い換え。PC用のケーブルもカテゴリー6Aのものに全て交換。結構手間の掛かる作業でした。

ところが工事完了後に問題発生。GE-ONUにルーターを接続し、LAN側にV110をつなげて設定したらIP電話が利用不可。さて、どうするか? ネットで調べたところGE-ONUを分岐させるという方法が。これで出来るの?と思いつつ、物は試しとギガ対応のスイッチングハブをもう1台購入。GE-ONUにハブを接続し、そこへV110とギガ対応のバッファローのルーターを。そうしたらV110のVoIP表示は正常に、PCも問題無くネット接続。試しに電話も加入回線からダイヤルして受けたらちゃんと聞こえます。なーんだ、これで良いんだ。ネットで調べてみると、ルーター2台の使用はよろしくないとの記述もありましたが、今のところ問題無く使えているのでしばらく様子を見ることにしましょう。
(ちなみにですが、無線LAN(Wi-Fi)はセキュリティ上の不安があるので常用していません。)

参考までに今回使ったもの。
ギガ対応のバッファローのルーター BHR-4GRV2
バッファローのスイッチングハブ  LSW6-GT-5NS/BK
バッファローのスイッチングハブ  EHC-G08MN2-HJW 2台
IP電話用ルーター WEB CASTER V110 

2024-01-08 追記
この件、実は続きを書かなければいけなくなりました。次号のブログも併せてお読みください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク