半二重通信の動作をチェック

コンテック製のRS-485ボードの動作チェックの結果。(DPMとの半二重通信)

Windows 10 (32bit) + Visual Studio 2019

デバイスマネージャからプロパティ - 詳細で半二重にチェックしておき、下記のコードで初期設定。

SerialPort1.BaudRate = 9600
SerialPort1.DataBits = 7
SerialPort1.StopBits = StopBits.Two
SerialPort1.Parity = Parity.Even

SerialPort1.RtsEnable = False
SerialPort1.DtrEnable = True

SerialPort1.ParityReplace = 63
SerialPort1.DiscardNull = True

SerialPort1.ReceivedBytesThreshold = 1
SerialPort1.ReadBufferSize = 8192
SerialPort1.WriteBufferSize = 8192

設定後は送受信のみで自動的に切り替わります。RTSをTRUEにするとNGです。

構造体の定義やAPIとのやり取りは必要ありませんでした。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。