電子負荷ユニット 続き

プリント基板に使った放熱器で気になることがあったので、メーカーに尋ねました。

2つの放熱板の部品面側を貼り合わせてみると、すきまがあいています。仕様では、平らな面の誤差が0.3ミリだそう。

また、基板への取付ピッチが微妙にずれていたので、こちらが基板設計を間違えたかと思ったら、ネジ間ピッチの公差が0.9ミリだって。 これでは長穴にしておかないと無理ですね。

ちなみに熱抵抗はL=50ミリで6.18とのことでした。

ちょっと頼りないかな。

あえて品番は書きません・・。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。