世田谷線は世田谷区民の足?

テレビ東京の某情報番組で「世田谷線は世田谷区民の足」と言っていたことに少し違和感があったので調べてみた。(僕は世田谷育ちである。)

2016年のデータで、世田谷線の1日あたりの平均乗降人員は5.6万人。基本的に鉄道(バスも)は片道しか乗らないというのは稀(まれ)で、通勤・通学であれば往復で乗るはずだから利用人数は上記の数値を半分にして、2.8万人/1日。

同じ年の世田谷区の人口は89万人。

ということは、世田谷区民で毎日利用しているであろう人数は(乗降人員がすべて世田谷区民と仮定しても)3.1%に過ぎないので、これを世田谷区民の足と言うのは、やはり違和感有りかな。

ちなみに世田谷区を縦(南北)に結ぶ鉄道は世田谷線しかなく、とても不便。昔、環状八号線に沿ってエイトライナーという新線構想があったけど、どうなったのか・・。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。