エンジンストール

12月のことですが、クルマでで出かけ、しばらく走ったところでエンジンが止まってしまいました。運転していた女房は勝手にブレーキがかかったと思ったそうです。

幸いにも再始動できたので、ディーラーで診断機にかけてもらったところ、燃料系のエラー記録が3件。故障が再現しないと異常個所の特定はできないとのことでしたが、路上で再び停まってしまっては困ります。診断内容から推測して怪しいのはどこかということで、燃料ポンプとポンプのコントロールユニットの2点ではないかということで、思い切って交換を依頼。修理費用は部品代と工賃で103,140円。

フロント氏によると、VWは6年を超えたくらいで故障が出始めるとのこと。うちのは2010年登録なので、すでに7年。いろいろと問題が起き始めるころのようです。

今回のような、場合によっては事故につながるような故障が起きなければいいのですが、そろそろ次を考える時期なのかもしれません。10年、10万キロくらいは乗りたいのですけど・・・。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。